2017-05

熊本地震の余震 潮汐では5月30日が有力

 私は熊本地震をぼんやりと当てた1人です。(予知は4/17-20 M6-7 日向灘)。精度は九州を特定して、誤差1日(本震は4/16)というレベルです。ここに来て、腕が上がってきました。4月の世界で2番目でした。これは日本の地震としては最大クラスです。
 で、次の熊本地震は世界で5月に被害が最も大きいものです。これは前回の熊本に劣らない順位です。なめてかかってはいけません。用心するにこしたことはないでしょう。
 ふんばりどころです。最有力日は、透視で5/28か29です。潮汐では5/30です。

 5月27-30日の熊本大地震
 最大余震です。震度6です。半壊・全壊住宅がいくつか倒れます。死者は10名弱です。夜(午後8-12時)です。震度6に耐えられない建物に入らないこと。その建物の側にいないこと。トランスフォーマー・ロストエイジのビデオでは、津波地震(6/4頃のスマトラ津波)の前に、体育館のような建物の天井が崩れます。
 
 深読み
 サミット中に熊本地震ではゆっくりと会合できません。5/27はオバマ大統領が広島訪問です。自然災害でてんやわんやでは、歴史的なイベントの価値がなくなります。米政府は地震日を大事な政治日程から外します。よって、5/26-27は起きないと考えます。5/28以降が妥当でしょう。
スポンサーサイト

熊本最大余震は、潮汐から5月30日が危うい

5月22日は満月 その前後に地震?

 私は統計で調べました。実は満月・新月の日に地震はあまりありません。一番多いのはそれらの翌日です。満月説は実は誤りです。これは意外と知らない人が多いトリビアです。
 潮位グラフを見ますと、地震が発生しやすい日がひと目でわかります。ピークの翌日です。干潮や満潮が最も高い日か低い日の翌日です。


 今日は満月が5月22日。地震が強くなるのは、翌日の5月23日です。その日に地震が大きくなりやすいです。

tide0523.png
(気象庁)

5/22に潮位が最もあがりました。満潮です。その翌日は5/23です。5/23は、日本でマグニチュードが平均より1+で発生する可能性が高くなります。

熊本余震の次の危険日はいつか?

次にピークがあるのは、5/29が下弦の月の日です。満潮が最も低くなり、干潮は最も高くなります。よって、ピークの翌日ですから、5/30です。

4月の熊本地震頃の潮位

tide0523k.png

 実は、熊本地震は4/14 M6.4でした。下弦の月の日です。4/14は潮位上は何もない日です。
 もう一つの4/16のM7.3は危険日です。干潮が上がっていたのが終わり、下がりはじめた日に起きています。4/16が危険日でした。こちらが本震だったのはうなずけます。

 4/16と状況が似るのは、5/30です。次の熊本の余震は5/30かもしれません。

«  | ホーム |  »

大野 翼 大阪在住

リンク

カテゴリ

未分類 (25)
ヨハネの黙示録を解読 (8)
トランフォーマーの予言 (1)
未来人 (1)
熊本地震 (2)
首都直下地震 (6)
地震予知 (3)

最新記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

最新コメント

リンク