2017-05

「マグモニーグルの予言"2018年の東京大地震-八王子?"が当たると、東京オリンピック開催しないのでは?」

2017年05月26日

「マグモニーグルの予言"2018年の東京大地震-八王子?"が当たると、東京オリンピック開催しないのでは?」

 マクモニーグルが彼の本『未来を透視する』(ソフトバンク)で予言しました。「今後日本で発生する大地震:2018年晩夏、東京都の西40kmで震度6弱の地震」(『「首都直下地震、震源地は八王子」FBI超能力捜査官が予言する2017年の日本~』より)をです。記事の執筆者は彼の予言の発生は+-1年はずれ込むことがあるとみています。早くて、2017年としています。

 東京地震がありますと、東京オリンピックの準備が全てご破産になります。東京都の知事選が茶番になってしまいますね。私は、2020年までに東京地震はあると考えてます。それは2018-2019年です。どうなるやら。
スポンサーサイト

『今も拡大…大分・豊後大野の地割れは大地震の予兆なのか』(日刊ゲンダイDIGITAL 5/25)について

2017年05月25日

『今も拡大…大分・豊後大野の地割れは大地震の予兆なのか』(日刊ゲンダイDIGITAL 5/25)

 豊後大野市の山里は、阿蘇の火砕流が暑く積もったエリアです。島村英紀氏は、「地割れが拡大しているのは、断層が動き続けている可能性もある」と、新説です。
 早川氏は、「地割れエリアの電離層に異常が出ています。地下で近く変動が起きているということで、地震の前兆は出ています。~しばらく注意が必要です。」

 この記事では、「今月は特に降水量は増えていない。」とありますが、大方の専門家は、5月12日にこの地域に約100mm降ったことが地割れの原因とみています(OBS大分放送ニュース 5/24)。

 加えて、地震の前兆という可能性も浮上しました。地下で爆弾を爆発させると、地震は起きます。地すべりになる時に、なんらか決壊(大きな破壊)が生じます。その時に地震は起きるでしょう。

 今日の大分の天気は「25日は気圧の谷の影響で雨が降ります。(気象庁)」で、強い雨にならないと思います。地割れが広がるのは、お天気しだいですから、しばらく様子見です。

2017年05月23日

『アリアナ・グランデのコンサート爆発はポケモンの予言に』
 5月後半のテレビ予知です。5/21の予言です。ポケモンの絵から、『ライブで爆発』を私は予知しました。金髪のDJなどがやられるはずでした。予想期間内で的中です。私は海外をつきとめません。

『英中部のコンサート会場で爆発 19人死亡、50人けが』(朝日新聞デジタル 5/23)
 アリアナ・グランデのYoutubeビデオ『One Last Time』は隕石落下で地球が破壊される寸前の町で彼女が逃げ惑います。その冒頭13秒に、人混みの中で爆発が起きます。彼女にしてはテロまがいで不吉と思っていたのですが、これを暗示していたようです。
 曲のテーマは隕石落下ですか、日本の地震の予言です。日本で強い地震がまもなくあるはずです。5/22 M 5.6 択捉方面が該当する地震かもしれませんが。

『【4人が警告!!】5月は長野がヤバイ。サイキックヒーラのK, GPSのM、掲示板のY、TVのサイキックO、誰やねん?』

2017年05月22日

『【4人が警告!!】5月は長野がヤバイ。サイキックヒーラのK, GPSのM、掲示板のY、TVのサイキックO、誰やねん?』
 5月は日本の地震予知研究者や超能力者達が長野に関心を示します。
『2017年4月後半~5月 新潟県・長野県で大地震』(予言的中) サイキック・ヒーラーの神岡建(K)氏の予言です。巨大地震が新潟や長野県に起きる。日本海側の町は津波に飲まれるなど。私は彼を存じません。
 MEGA予測の村井(M)氏にも、5月17日版(地震NEWS)に長野がありました。
 もう1人いましたね。『2016年7月~2017年6月長野県北部で震度6の地震』(予言的中)掲示板ミクルのやまた(Y)氏です。
 私はサイキックでテレビ予知も行います。長野を予知してますが、大地震ではなく、M4で4月末です。
 テレビ予知の私大野(O)を含めて、新緑の季節に4人も長野を危険視しています。今月は長野にくるのでしょうか。

『【重大な欠陥】全国地震動予測地図2017年版、30年以内に震度6の確率は東北が驚愕の低さ!!』

2017年05月20日

『【重大な欠陥】全国地震動予測地図2017年版、30年以内に震度6の確率は東北が驚きの低さ!!』
 政府が毎年発表する日本の地震。30年以内に震度6弱以上揺れる確率。これ、東北が異様に低い。宮城県5%、秋田県7%、福島県6%。びっくりぽんです。まったく311の余震が想定されていません。これを信じると東北地震の脅威を忘れてしまいます。まもなく東北にくる地震に対応できません。政府の地震調査研究推進本部は、東北の復興利権に配慮したのでしょうか。

 『全国地震動予測地図2017年版

 南海トラフや首都直下は年々リスクが高まります。が、東北はリスクは逆に下がりました。おかしいです。彼らのミスの理由は貞観地震の余震は、古くて記録にないということでしょう。それに匹敵する311の余震が皆無であるわけがありません。学者の安易な誤解です。

 東北は大地震後も強い揺れがけっして止みません。あそこは巨大地震後でも、いつでも大地震が来ます。証拠です。

 江戸時代は詳しい資料が残っています。1600年代に強い東北の太平洋側の地震は、1608年仙台、1611年会津地震、慶長三陸地震、1616年宮城県沖地震、1635年蝦夷、1646年M7.6 仙台、1659年M6-7会津、1677年M7-8.0 延宝八戸沖地震、M8 延宝房総沖、1678年宮城県北部、1696年石巻津波。(Wiki 地震の年表 日本)より

 17世紀のわずか100年に、東北は11つと大量です。地震が多い年ではなく、ごく平均的なものです。こんなにひしめく東北で、6%前後という30年以内に1つもほとんど来ないという確率は間違いです。正しくは、100%です。

 このせいで、東北では地震へ関心が下がったように思います。東北のみなさんは、全国地震動予測地図を信じてはいけません。あれは大地震が起きた熊本を2-3%以下にした代物です。70-80%以上の地域だけ、近々くると理解すべきものです。今回は、東北もその数字になるべきでしたが、低すぎました。地震を警戒するための参考資料になっていません。

 私は今回、地震学の知見にもとづいて話してます。あの確率地図をすべて真に受けてはいけません。

エイズの治療薬

2017年05月19日

エイズの治療薬
 近未来の治療と思ってください。透視中に聞いた話です。治療薬は10年以内に発売されます。すでにその薬の特許は押さえられています。

 実は数万に1人はエイズに感染しません。彼らは血液に免疫をもっています。その免疫細胞が作る抗体物質。それを抽出すると、エイズ薬になります。エイズ患者は輸血しまくると、偶然、その抗体が入っていると、その日からエイズは治りはじめます。そに着目して開発された薬です。

 なぜこれがみつからなかったか? 今まではエイズ感染者の中で治った人物を研究してました。輸血した血液が運良くそれだったら治ったはずです。彼を調べてもよいのです。が、輸血で抗体はわずかしか入らなかったから、困難です。エイズに感染しない人から、その血液を探すのが、鍵でした。ここに気づく人がいなかったのです。

 日本人の中にも、けっしてエイズにかからない人がいます。彼らを探し当てて、輸血すると、治るでしょう。それをやっている人たちもいます。が、一般の人は薬の発売を待つほうがよいでしょう。

『ロバート・ゲラー氏が科学誌ネイチャーに地震予知は不可能と発表←アドラー心理学風に反論してみた!!』

2017年05月19日

『ロバート・ゲラー氏が科学誌ネイチャーに地震予知は不可能と発表←アドラー心理学風に反論してみた!!』
 東大を退職したロバート・ゲラー氏が、科学誌ネイチャーで「地震予知はできない。それを認めよ」というような自説を放ちました。学者は地震予知に失敗したことをすでに認めてます。『想定外』など言い訳しました。彼は日本語がよくわからなかったのでしょうか。

 ただ、地震予知が過去にも成功例がなく、今後も不可能というのは、頂けません。世界では過去、様々な地震予知が成功しています。海城地震やギリシアのBANがあります。が、ロバート・ゲラー氏は、『全世界で地震予知の成功例がない』(Jcastニュース 『地震予知の研究50年間「成功率ゼロ」 常時監視の東海地震でも無理なのか』より)、と彼の頭の中では、いつまでもできないままです。

 彼の記憶違いは彼の課題であって、日本人の課題ではありません。彼の課題に日本人に巻き込まれる必要はありません。彼の思い込みに対して特に反論しても、ムダでしょう。彼自身が、気づけばよいことです。そんなのに地震予知学者が時間を費やす暇はないでしょう。

 アドラー心理学風に反論してみました。彼の思い込みに日本が従う必要はありません。とはいえ、東大がこれまでろ地震予知に成功してないのは、大きく外してない見解です。だから、といって、研究をやめるのは、責任放棄です。
 エイズの治療薬ができないからといって、その開発に挑戦することをやめる人はいないでしょう。地震予知も同じことです。多くの震災者が予想できるのに、諦めるのは使命感なき者です。

 が、しかし。東大は地震予知をやめてはいけないのですが、万が一やめるとどうなるか? それも想定してみましょう。学者が地震予知研究をやめます。すると、その隙間をぬって、民間が研究を始めます。今、そうなってます。民間の地震予知が、ますます価値があがります。

 ということは? 学者にとって、一見しょうもないと思ってしまう私の地震予知も、その価値が増します。私がもし、一発当てたら、日本中が私を期待の星と呼びます。寄付がわんさかきます。学者が怠慢になるほどに、反比例して、私の人気が上がります。悪くありません。ロバート・ゲラー氏は、私を輝かせるため、学者の地震予知研究を下火にするアメリカからの使者かもしれませんね。

『未来人の予言「5月17日午後7時27分に南海トラフ大地震」はデマ確定』

2017年05月18日

『未来人の予言「5月17日午後7時27分に南海トラフ大地震」はデマ確定』

 本物が当たるとは限らないのですが、予言は外れました。この未来人は知恵蔵で「5月17日午後7時27分に南海トラフ大地震」と予言しました。が、昨夜、大地震は発生しませんでした。
 私はその時刻にNHK7時のニュース、天気予報の平野有海アナにみとれてました。予言のことなどすっかり忘れて、気づいたらその時分を過ぎていました。地震アラートは鳴りませんでした。
 昨日、あっさりと地震デマと決めつけてしまい、ひやひやしました。でも、地震もなく、ほっと一安心です。デマと確定しました。

未来人の予言「5月17日午後7時27分に南海トラフ大地震」のネタ元はヤフー知恵像--が逆にヤバイ』

2017年05月17日

『未来人の予言「5月17日午後7時27分に南海トラフ大地震」のネタ元はヤフー知恵像--が逆にヤバイ』
 この未来人はヤフー知恵像に2016年5月17日に書き込みました。やっとネタ元をみつけました。

『私は未来人です。西歴2062年から来ました。意識だけ飛ばせるタイムマシンを使っています。肉体は2062年にいます。2017年5月17日午後7時27分に南海トラフ大地震が起きます。震源地は紀伊半島南方沖。マグニチュード9,2。津波が来ます。』(ヤフー知恵蔵)

 未来人が現れるのは2チャンネルが定番。あえて、ヤフー知恵蔵に出没して、身元を特定できないようにしています。この未来人の正体は何者でしょう。

 この予言は、ネットで話題になっているそうです。ところが「未来人 2017年 5月17日」で検索すると、2016年の予言はたくさんあるのですが、2017年のほうは私のサイトと知恵蔵のネタ元、彼女チャンネル、「世界の終わり」の4つ、昨日みつけた1つと計5つしかありません。

 地震デマ--おっとまだデマと決めつけていけませんね--はすぐに拡散するのに、こんなに誰も知らないことが、逆にヤバイです。世間から隠され、マニアしか知らないような貴重な予言ということです。いいものを発掘できて、私も長年やってきたかいがありました。

 午後7時27分に、私はNHKニュースをいつも見てます。大阪暮らしの私は緊急アラートが鳴らないよう祈ることにします。

後日談--2017年5月26日となりましたが、なんでしたか、震災はありませんでした。

ヨハネの黙示録が示す次の世界の大地震は、トルコかスマトラ島

ヨハネの黙示録が示す次の世界の大地震

 ヨハネの黙示録は古い予言ですが、現代の災害をよく当てるので重宝します。テレビ予知では、あらゆる象徴を解読できます。黙示録も例外ではありません。黙示録は西暦50-100年頃のヨハネがトルコで書いた予言です。そこには当時のトルコの古い象徴が登場します。その半分は現代と同じです。「竜」は洪水、「火と硫黄」は噴火です。「大地」or 「地」はイエスの子です。それで大方、解読できます。わからないものは、最近の災害と対応させました。

 世紀末にイエスの子が登場するまでの災害が順番にあります。現在は、どこまで進んだでしょうか。 13章13節「天から大きな火を降らせた」は、隕石の予言です。2013年2月15日のロシアのチェリャビンスク隕石とします。
14章2節「大水がとどろくような音が天から響く、琴をひく」は、天に届くような大水ですから、大型台風です。2013年11月8日のフィリピン、レイテ島の台風被害とします。14章4節「子羊」が2回登場します。「羊」は九州の象徴でした。2017年4月14日、16日と熊本で2度地震がありました。これとします。現在、はっきりしているのは14章4節が終わりました。これから、5節以降の予言が成就します。

 次に現実になるのは、5節「偽りがなく咎められるところのない者達」、6節「天使が空高く飛ぶ、あらゆる国民、種族、言葉の違う民」、7節「海と水の源を創造した方」です。

 5節は人が無罪だったという話で、自然災害と思えません。6節「天使が空高く飛ぶ」は、人工衛星か飛行機、ミサイルの落下でしょう。「あらゆる国民、種族、言葉の違う民」は国の自然災害です。これが大地震をさすと考えます。

「地上に住む人々、あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族に告げ知らせるために」はどこか?
 実は13章7節に同じような言葉があります。「あらゆる種族、民族、言葉の違う民、国民を支配する」この意味がわかると、解読できます。

この節の前後に何が起きたかを調べ、この象徴の意味をつきとめましょう。この節のあと、13章13節、ロシアで隕石が落下(2013年2月)しました。この節の前は、12章18節「そして、竜は海辺の砂の上に立った。」は巨大な洪水で2011年3月11日の東北地震とします。その間2年の災害です。

 13章8節には、「小羊(九州地震)」が登場します。九州地震は、2011年11月8日 M7 沖縄本当北西沖くらいです。つまり、その前に起きた大きな災害です。その中であらゆる民族っぽいのは、2011/10/23 M7.2 トルコ東部地震です。この解読では、「あらゆる民族」の地域はトルコです。

 従来、スマトラ説でした。それは「13章8節の小羊」は無視します。こう解読します。ロシア隕石だけは2013年2月と確実です。それ以前の大地震は、2012/4/12 M8.7スマトラ島と考えます。よって、「あらゆる国民」はスマトラを象徴する、と。

 次の大きな地震は、最新説のトルコ大地震か、旧来の説のスマトラ大地震のどちらかでしょう。今月ではありません。6月以降です。 

«  | ホーム |  »

大野 翼 大阪在住

リンク

カテゴリ

未分類 (25)
ヨハネの黙示録を解読 (8)
トランフォーマーの予言 (1)
未来人 (1)
熊本地震 (2)
首都直下地震 (6)
地震予知 (3)

最新記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

最新コメント

リンク